クレジットカード・カードローンのことならカードトレンド!

サイトマップ


クレジットカード、カードローンの審査の悩みを解決!審査特集

カードローンの審査について

カードローンは申込後に必ず審査が行なわれます。審査内容は一般的なローンと同じ年齢、勤務先、勤続年数、住居形態、居住年数などの属性です。 審査のスピードや時間は各社によって異なります。この審査については、銀行系・信販系・消費者金融系ともに大きな違いはありません。 申込書の情報と信用機関の情報で審査しますので、申込書の記入で嘘はいけません。カードローン各社の基準に通れば審査通過でカードの発行が行なわれます。

戻る

カードローン審査のポイント

カードローンは無担保ローンですので、返済能力がない人だと審査は通りません。
返済能力は収入(勤務先、勤続年数など)をまず第一に確認致します。 在籍確認と言って勤務先に電話連絡することや、収入証明(源泉徴収票や給与明細)の提示もあります。また申込書に保険種類を書く欄もあります。 これはどのような形で雇用されているのか確認することが出来ます。
カードローン会社では各社の基準に基づき、審査をした上でカードローンの承認、限度額、金利を決めて申込者へ連絡します。

戻る

カードローン審査で必要なもの

カードローンの申込にはまず身分証明が必要です。自動車免許書や健康保険証は必須となります。 その次に金額により収入証明書が必要です。給与明細や源泉徴収票などの提出になりますので、スムーズな手続きをする為にも予め準備しておきましょう。
審査に入りますと勤務先に在籍確認が入ります。個人名での確認電話が多いようですが、そのような電話がまずい勤務先は注意が必要です。 カードローン会社に事前に相談すると別の方法を教えてもらえるかもしれません。

戻る

職業と評価の関係について

カードローンは収入があれば利用することは可能です。その中でも当然ながら審査に有利な職業はあります。 アルバイトや自営業よりも公務員の方が有利です。ただし自営の中でも医者や弁護士などは別です。水商売や日雇い労働等は安定性がないと判断されてしまうと思います。 基本的には安定的な収入がある職業は有利です。ただし、不利だからすべて非承認という訳ではありません。限度額や金利等の調整で承認の場合も多くありますので諦めないでください。

戻る

他社から借入がある場合

他社からの借入は申込書だけでなく、信用情報機関からの照会で確認します。 カードローンを持っているけど使って以内場合でも金額、件数としてはカウントされますので注意が必要です。 また現在は総量規制があり年収の3分の1までしか借入が出来ません。この場合は総量規制外の銀行系カードローンを利用することをおすすめいたします。
カードローンの審査については、各社によって基準が異なりますので、かなり大口の融資が可能な場合もあります。
おまとめローンを上手く利用して毎月の返済に無理がないようにしてください。

戻る

カードローン審査の知識

カードローンの審査に関わる事で盲点となってしまうことがあります。 現在はもともと消費者金融系だった会社が銀行系の傘下に入っていたり、銀行系カードローンの保証会社が消費者金融系であったりして、 複数の申込をした場合や既存の借入がある場合で、審査会社が重複する場合があります。 その場合は、よほど返済能力がない限り不利に働く事がありますので、注意が必要です。 その他、住宅ローンや自動車ローン、ショッピングローン等はあまり関係ありませんので安心してください。

戻る

銀行系のカードローンの審査

最近では銀行系カードローンの勢いがあります。元々銀行そのものがやっているカードローンと消費者金融系が傘下に入ったカードローンがあります。 銀行系カードローンの良いところは低金利と安心です。信販系や消費者金融系よりは低金利の商品が多く、銀行という安心感が利用者にとってはありがたいです。 その分審査は少し厳しくなります。カードローン初心者はまずは銀行系カードローンから申込をすると良いでしょう。
「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」などがこれに分類されます。

戻る

信販系カードローンの審査

信販系カードローンは、主にクレジットカード会社等のカードローンです。セゾンやLIFEなどがこれに分類されます。
信販系もメジャーな会社が多いので安心感はあります。金利は銀行系よりは若干高い分、審査は多少甘いとと思われます。
銀行系の審査は厳しいけど、消費者金融系よりは安心感があると思われる方にはおすすめです。
キャンペーンなどで積極的な貸し出しをしている所も多いのも利用者にとっては助かります。
大手信販系に落ちた場合は準大手、中堅への申込みを検討してください。

戻る

消費者金融系カードローンの審査

消費者金融系のカードローンは、最近メジャーな会社は銀行系の傘下に次々と入り銀行系カードローンとして勢いを増しています。 銀行系でないカードローン会社としてはアイフルなどがメジャーです。 メジャーな会社であれば安心感もありますし、審査も多少は甘いので、カードローンが必要な方は利用してください。
金利などは若干高めですが、様々な商品がありますので、審査によっては銀行系よりも金利が低くなる可能性もあります。

戻る

おまとめローンについて

カードローン各社でおまとめローンといった大口のローンも商品化されています。 借り入れが多い方や金利を低く抑えたい方はおまとめローンで一本化することをおすすめいたします。
審査に関しては大口である為厳しいと思われますが、積極的に売り出したい商品でもある為、必ずしも厳しい訳ではありません。 おまとめローンは銀行系のカードローン会社で多いので総量規制外ということもポイントです。 多重借入よりメリットがありますので、是非利用してください。

戻る

top


© Card Trend