クレジットカード・カードローンのことならカードトレンド!

サイトマップ


クレジットカード、カードローンの審査の悩みを解決!審査特集

クレジットカードの審査について

クレジットカードには必ず審査が必要になります。カード会社としても不払いや貸し倒れを防ぐ為に予め与信審査をして限度額を設定いたします。 この審査を通過しないとクレジットカードは発行されません。また審査を通過したとしても、カード利用限度額が希望より低く設定されることもあります。 何を基準として審査をしているのかを事前に理解しておくことが重要です。

戻る

クレジットカードの審査の仕組み

クレジットカードの審査では、個人の属性をスコアリングして評価します。項目に1つ1つ計算によって点数が算出されます。その合計点で合否が判定されます。 カード会社の基準を満たしていれば、審査通過となりクレジットカードが発行されます。どこの会社でもシステムの仕組みはほぼ同じだと思いますが、基準は各会社ごとに異なります。

戻る

クレジットカードの審査項目

クレジットカード会社の審査項目は、申込書の項目です。年齢、勤務先、勤続年数、住居形態、居住年数、家族構成などです。 この中では年齢、勤務先、勤続年数が重要視されています。年齢、勤務先、勤続年数は資力に直結するからです。
その次に持ち家、家族構成などです。資産はあるか、最悪夜逃げの心配はないか等も見ています。その他利用実績も参考にします。
信用を大切にしていますので、返済の遅れがないかなども重要なファクターとなります。

戻る

クレジットカードの審査条件

クレジットカード審査条件とは、結局のところ確実に返済が出来るかという点です。その為には安定収入があることが重要になります。 その為、勤務先や勤続年数を重視します。自営業よりも公務員の方が安定していると判断されますし、アルバイトやパートなどの非正規雇用よりも正社員の方が安定していると判断されます。 そして勤続年数が長い人の方が安定していると判断されます。カード会社にもよりますが、最低でも1年以上ないと難しい場合もあります。 ただし最近では学生や主婦等向けのカードもたくさんあります。

戻る

個人信用情報機関について

クレジットカードの審査では必ず個人信用情報機関のデータを参照します。過去の申込履歴、支払履歴等を参考にする為です。
現在では主に全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JISS)の3機関です。
過去に延滞履歴があったり、他社からの借入が多かったりすると審査が厳しくなります。
申込書にも自己申告で書く借入欄がありますが、こちらのデータを見ればすぐにわかってしまいますので注意が必要です。
また逆の場合もあり、学生など若年者除きある程度の年齢で利用履歴が全くない場合も信用が低くなります。

戻る

信用機関情報の仕組みについて

信用機関情報はまず、クレジット申込用紙の同意確認を元に信用情報紹介がされます。信用情報機関にはある一定の年数(5年~7年)の情報が登録されています。 そこに登録されている情報と申込書の情報を照らし合わせて確認をすることが出来ます。
また信用機関情報は、カード会社等の金融機関だけでなく利用者自身が確認することも出来ます。
郵送やネット等の方法がありますので、各信用機関のホームページ上で確認すると良いでしょう。

戻る

個人信用を上げるには

クレジットカード会社にとって一番の優良顧客はクレジットカードをたくさん利用してくれて、問題なく期日に返済してくれる顧客です。 そこで信用を上げるには利用と返済をしっかりと行なうことです。 それにより利用限度額が低かったカードも限度額のアップやゴールドカードなどのプレミアカードへランクアップなどのお知らせがクレジットカード会社から案内されるでしょう。

戻る

審査に有利な方法について

クレジットカード会社も一般企業です。企業である以上は利益(売上)を上げることが使命となっています。 決算期など時期によっては、クレジットカード入会キャンペーンをすることも多いです。 こういった時期ですと通常の時期よりは審査が甘い可能性があります。インターネット広告やDMなどを注意してキャンペーン時期を狙ってみてください。 その他スーパー、ガソリンスタンドなどとのタイアップしたカードのキャンペーン時期も狙い目です。タイアップ先企業の営業目的もあると思われるからです。

戻る

個人信用にマイナスなこと

「信用情報を上げる」に反する行為がすべてマイナスになります。最もマイナスなのが遅延延滞行為です。 こういった情報は事故情報として残ります。これが所謂「ブラック」情報と呼ばれるものです。
例え1円でも遅延になりますので注意しましょう。
ちなみに昨今では携帯電話・スマートフォンも割賦払いで購入することも多いと思います。 これらの支払い遅延も情報として残りますので注意が必要です。
自己破産や任意整理をしている場合は、長期間情報として残りますので、この情報が消えてからでないとクレジットカードの審査は厳しいでしょう。

戻る

審査に通らなかった場合

審査に通らない理由は必ずあります。まずは自信の信用情報を信用機関から取り寄せて確認することをおすすめいたします。 自分自身ではまったく覚えていないような事故情報が載っている可能性もあります。
その他に短期間で立て続けに何社か申込した場合も、怪しまれて通らない場合もあります。6ヶ月間は申込情報も残ります。 また申込書に生年月日の記入間違え、勤務先の電話番号違いなどのケアレスミスがないか申込前に確認しましょう。
何故審査に通らなかったかはクレジットカード会社からは教えてもらえませんので注意しましょう。

戻る

top


© Card Trend