カードローンの検索、比較ならカードトレンド!


条件を指定してカードローン絞り込み検索!

詳細設定で検索

借入限度額
審査時間
融資時間
特徴
カードの種類
年齢
借入方法
返済方法
利用可能なコンビニ

目的別で検索

  • 即日融資で選ぶ
  • 審査が不安な方向けで選ぶ
  • 主婦向けで選ぶ
  • 銀行系で選ぶ
  • おすすめカードで選ぶ
  • おまとめローンで選ぶ
  • 大口融資で選ぶ
  • 一定期間無利息で選ぶ
  • 消費者金融系で選ぶ
  • 初心者向けで選ぶ
  • ビジネスローンで選ぶ

カードローンを徹底比較します

カードローンとは、銀行や信販会社、消費者金融などの金融機関が発行するカードを利用するローンのことをいいます。少し前まではキャッシングという言葉が一般的でした。。予め契約した貸出枠の範囲で銀行やコンビニ等の現金自動預け払い機(ATM)で資金を借り入れする事が出来ます。 また、担保を必要としない無担保型と、不動産や有価証券など担保を必要とする有担保型の二種類あります。 最近では銀行系、信販系のカードローンも増え、一定期間であれば利息が発生しない商品も出たりと、各社のサービスは多様化し、競争も激しくなっています。
多くの方は、最近テレビCMでカードローンのCMが多いなーと感じているのはないでしょうか?
それだけ金融機関がカードローンに力を入れている証拠であり、我々も身近なローンという感じになってきていると思います。
カードトレンドでは、カードローンを選ぶ時に参考になる情報や、『おすすめローン』『人気ランキング』『目的別』『キャンペーン情報』メリットデメリット審査情報など、カードローンに関する多彩でお得な情報を掲載しています!
多くの方々に。カードトレンドを利用していただいて、カードローンという商品を理解していただき、それぞれ必要な情報を検索、比較し有効に活用していただきたいと思います。

カードローンのメリット

カードローンは、利用限度額内であれば何度も借入や返済が自由に出来ます。 つまり利用しなくても、カードを所持するだけでもOK。銀行ATMやコンビニなどで24時間利用可能です。 申込には審査が必要になりますが、パソコンやスマホから申込、審査までが完結出来る商品も増えています。 利用者にとってスピーディーで柔軟性があるローンであることが最大のメリットです。

カードローンのデメリット

カードローンは、ローンということです。金利が発生しますし、毎月返済しなくてはなりません。 金利は、年利15%以内が大半ですが、一般のショッピングローンと比べると高いのが現状です。 毎月必ず返済していても、中々元金が減らず、完済するまで長期化するというのがデメリットです。資金的に余裕がある場合は前倒しで返済しましょう

カードローンのお得な利用方法!

カードローンは上手く利用すれば、非常にお手軽で便利なローンです。ここでは、カードローンのお得な利用法をご紹介します。
ただし、カードローンは、便利でお手軽であるがゆえに、一瞬ローン(借金)であることを忘れてしまう怖さもあります。
カードローンという商品を十分に理解した上で、それぞれの利用目的に合わせて有効に使っていくことをおすすめします。

コンビニ・銀行ATMで簡単利用

急にお金が必要になった場合、コンビニや銀行のATMで24時間お金を借りることが可能です。利用限度額内であることが前提ですが、ローンでありながら銀行のキャッシュカードのような手軽さがあります。ATMは返済の際にも利用出来ます。 コンビニATMであれば自宅や勤務先の近くにもたくさんあるでしょうし、夜中に急に必要になった時なども便利です。また返済に関しても仕事が遅くなった時など時間を気にせず返済出来るのがいいですね。

繰上げ、一括返済を積極的に

カードローンはもちろん金利が発生します。金利も決して低いわけではありませんので、早期の返済がおすすめです。余裕がある時の繰上げ返済や一括返済が非常に簡単に出来ますので、なるべく繰上げて返済するようにしましょう!

スマートフォンを活用しよう!

インターネットの普及によりパソコンからの申込みが今や当たり前の時代となりました。それに伴いスマホ対応やスマホからの申込も非常に増えています。以前のように来店や郵送など面倒なことは減っています。またプライバシーの面から考えてもおすすめです。 スマホ完結の商品も増えていますので、家族に内緒!夫に内緒!なんて時にも便利ですね。もちろんスマホだけでなく、パソコンやipadなどのタブレットなども利用出来ますので、インターネットからの申し込みを活用してください。

イザ!! という時の備えに

カードローンは必ず利用しなくてはならないものではありません。カードを発行してもらい、所持さえしておけば、利用しなくても良いのです。当然利用しない以上は金利や年会費もかかりません

いざ借りたいと思った際、状況によっては審査に通らず借りられないこともあります。そこで借りる必要のない"余裕がある時"に審査をしカードを作り、緊急時の備えとしてカードを保持することもおすすめ利用法のひとつです。
ただし、 カードをたくさん所有しているということは、新規の借り入れを行うための審査では、利用していると同じ扱いになる場合もあるようです。
イザ!!という時の備えも、備えすぎも注意してくださいね!

  • ご契約の前にカードローントラブル手帳

他の人がチェックしたカードローン

top


© Card Trend