カードローンの検索、比較ならカードトレンド!


ご契約前に - カードローントラブル手帳

カードローンはとても便利な商品ですが、使い方を間違えるとトラブルの元にもなります。
商品知識を把握してから利用することが大切です。メリット、デメリットを理解した上で使用することがトラブルを未然に防ぐことになります。

ご契約前の注意点

使用する際の注意

トラブル手帳

審査を通過するには

カードローンの審査は、カードローン会社ごとに基準があります。基本は申込者の個人信用情報で審査されます。 この情報とは年齢収入勤務先勤務年数家族構成居住情報などが主となっており、その他に他社への借入や遅延などの事故情報など参考にします。 情報は申込書の他、信用機関への参照をしますので、遅延などの情報もわかってしまいます。 このことから分かるように「返済可能」かどうかを見極められますので、借入をする際は、返済できると信用される必要があります。

ローンを利用する際は、必ず返済可能な額を設定し、信用情報を傷つけないようにしましょう。

もし過去に借入を経験し、自分の情報に自信がない人、不安な人、自信があったのに審査に落ちてしまった場合は信用機関から情報を開示してもらうと良いでしょう。

  • Point:借入の際は返済可能な額にしましょう。
  • Point:審査が不安な人は信用機関の情報開示請求を活用しましょう。
情報開示の方法は信用機関の各ホームページをご参照ください。

メニューへ

保障会社について

銀行系のカードローンは保証会社というものがついています。 保証会社とは万が一返済出来なくなった時に代わりに返済してくれる会社です。つまり保証人みたいなものです。 この保証会社ですが、実は消費者金融会社であることがわかります。銀行系のカードローンは銀行の審査だけでなく、この消費者金融会社からも審査されるということになります。

消費者金融会社と言っても実際のところ銀行傘下の関連会社がほとんどです。 つまり銀行系のカードローンで遅延などの事故を起した場合は、関連会社である消費者金融系からもNGになるということを自覚しておきましょう。

  • Point:ローン遅延の事故は銀行だけでなく関連の消費者金融系の会社にも記録が残ります。

できる限り余裕のある返済計画を立て、無理のない金額の範囲で借入をしましょう。

メニューへ

申込方法について

カードローンの申込方法は、直接店舗に行く、郵送で申し込む、インターネットで申し込む方法があります。 また会社によっては無人契約機を持っていることもあります。

店舗での申込みは時間の制約があったり、必要なものを忘れると再び来店が必要だったりと、時間や手間がかかってしまいがちです。 ただ、不明点を直接聞けるので、安心して借入しやすいので、不安な方や疑問点がある場合は直接店舗をおすすめします。その際忘れ物をしないよう、事前に必要な持ち物を確認しておきましょう。 必要な持ち物は、身分証や印鑑などが基本ですが、各社によって違う場合もありますので、ホームページで事前に調べておきましょう。

郵送での申込みは運送時間などが余分にかかる為、他の方法より時間を有し、急いでいる方には不向きです。 またローン会社からの連絡が郵送で届いてしまいますので、家族には内緒にという方も避けた方が良いでしょう。

一番気楽な申込み方法はインターネットからの申込みです。スマホにも対応しているサービスが多いので、多くの方が利用出来るのではないかと思います。 経過時間も短くすむので、便利な申込み方法となっています。ただし完全にネットだけで済まない場合も(別途書類郵送など)ありますので、事前に調べておきましょう。

  • Point:自分にあった申込み方法を利用しましょう

申込みに必要な情報はホームページなどで確認しましょう。

メニューへ

カードローンの返済について

カードローンの返済は銀行引落、振込み、ATM入金などがあります。 月に1回は決められた金額以上は返済しなくてはなりません。 翌月一括返済もありますが、大半は定額返済か残高スライド方式による返済を利用されるでしょう。 この決められた返済額を返済するのは当たり前ですが、利息分の支払いも多く、中々元金が減りません。 長期間利息のみを払い続けてしまうケースもあり、元金を軽く超えてしまうこともあるので、 無駄な返済をしないよう可能な限り前倒しで返済、追加で返済することをおすすめします。

またお金に余裕が出た場合は、できるだけ一括返済をしましょう。 カードローンのメリットとしては、限度額範囲内ですぐ借りることが出来ることです。 返すものは早く返して必要になった時にまた借りれば良いのです。

  • Point:返済は前倒しするつもりで短期間での返済を目指しましょう

借入理由が緊急を要さない場合は、
借入自体する必要があるのかを検討し直しましょう。

メニューへ

返済を遅延した場合

返済を遅延してしまった場合は、カードローン会社から郵便や電話などの方法で連絡が届きます。 ローンの返済は義務ですので、借りる以上は返済日を確実に守ることが大切です。 数日遅れても大丈夫だろうなんて考えはいけません。信用の上で成り立っている契約だということを忘れないようにしましょう。

もし自分で先に遅延に気づいた場合はまずは自ら連絡して相談しましょう。 また催促を無視していると信用情報機関に遅延情報が載ってしまいます。 この場合は一括返済を求められたり、今後他社からもある程度の期間が過ぎるまでは借入が出来なくなるなどの支障が発生します。

更に、過去に返済遅延の事故情報が載ってしまうと、ここぞという時にトラブルが発生することもあります。 例えば婚約・結婚時の信用調査やブライダルローン、また住宅購入の際の住宅ローンの審査でひっかかり過去の借入や事故情報を家族に知られてしまうこともあります。
最悪のケースでは婚約破談や、離婚にまで至ってしまうケースもあるので、返済日には必ず返済するということを守りましょう。 また返済が遅れれば利息も増えていくという事も忘れてはいけません。

  • Point:未来の自分の為にも、必ず返済日は守りましょう

返済計画を守る為には、余裕を持って支払える金額の範囲で借入をしましょう。

メニューへ

債務の一本化

カードローンの借入が複数になり、返済が厳しくなった場合は、まずは債務を一本化することをおすすめします。 債務を一本化することにより、月々の返済額の減少させることが出来ますし、今までより有利な金利で再契約することも可能です。 また一本化すれば返済日に混乱することもなく、計画的に管理することも出来ます。 一番のメリットは精神的な落ち着きでないでしょうか。
債務の一本化は「おまとめローン」でできます。借入が複数ある場合は「おまとめローン」の利用をおすすめします。

カードトレンドでは、おまとめローンや大口融資の情報も掲載しています。比較して自分のとって便利なローンを利用してください。

  • Point:債務はできる限り一本化して返済計画を見直しましょう

一本化が実現したら、できるだけ早く返済できるように頑張りましょう。

メニューへ

ヤミ金に手を出してしまった!

皆さんがご存知のような銀行系のカードローンや消費者金融系でも有名な会社においては全く心配ありませんが、中には非合法なヤミ金と呼ばれる違法な高金利を取る業者が存在しています。 ヤミ金では法定外の利息を強いられ、利用者が大変苦しい思いをします。そんなことにならない為にも、信頼のおけるカードローン会社を選びましょう。

※カードトレンドでは非合法な会社は掲載しておりませんので、安心してご利用ください。

万が一、ヤミ金で借入をしてしまって、トラブルが発生した場合は、債務整理に強い信頼できる弁護士や司法書士に相談しましょう。 その際、ヤミ金業者と手を組んでいる悪質な弁護士も存在するので、必ず信頼のおける弁護士・司法書士に相談してください。

  • Point:借入は信頼できるローン会社からにしましょう。

信頼できるローン会社の審査が通らないこともあります。
その場合は返済計画を見直しましょう。

メニューへ

多重債務になってしまった!

多重債務とは、すでにある借金を返済する為に、他のローンを利用するなどを繰り返し自転車操業状態になっていることを言います。 多重債務に落ちいらない為には、返済の計画をしっかりと立てることです。返すあてがないのに借り続ければ自ずと雪だるま式に借金が膨らんでいきます。 そうなる前に、できる限り早い段階で借入を一本化する「おまとめローン」を利用してください。 おまとめローンはローンをまとめるだけでなく、金利が低めですので計画的な返済ができるようになります。多重債務は放置してはいけません。 無理なく返済できるように、早急に対処しましょう。対処は早ければ早いほど負担が軽くてすみます。 その為には借入る前から知識を付け、万が一の時は、どうしたら良いか対策を考えておきましょう。

またどうしても返済が出来ない状況になった場合は、早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。あなたにあった解決方法を教えてくれるはずです。 その際、ヤミ金業者と手を組んでいる悪質な弁護士も存在するので、必ず信頼のおける弁護士・司法書士に相談してください。

  • Point:自分の収入から余裕を持って返済できる計画を立てましょう

ローンには計画性が大切です。計画が出来ない場合はやめておきましょう。

メニューへ

返すことが出来ない、どうしたらいの…!

カードローンの返済で困った場合は、延滞する前に前もってカードローン会社に相談するのが一番です。 返済計画の見直しなど相談に乗ってもらえるはずです。 また多重債務で困ってしまった場合は、弁護士や司法書士に相談してください。 最近では報酬費用を分割で支払えるところも多くありますので、まとまった資金がなくても大丈夫です。 その他無料のカウンセリングサービスもありますので、困った時は一人で悩まないでまずは相談することをおすすめします。

国民生活センター
法テラス-日本司法支援センター 等


  • Point:悩む前に相談しましょう!必ず相談にのってくれます

まずはカードローン会社に相談し、
どうしようもない時には専門家に相談してください。

メニューへ

  • おすすめの銀行系カードローンはこちら
  • おすすめの消費者金融系カードローンはこちら

カードローンリスト

絞り込み検索ページへ

カードトレンド・おすすめカードローン

新たに最大30日間 金利0円サービス開始!

アコムは即日借入可能、お借入もご返済もご都合にあった様々な方法をご用意しています。全国の店頭窓口、アコム…

  • みんなにオープン。アイフルでは初めての方も安心!

    キャッシングを利用したいけれど・・・の不安を解決します。初めてのキャッシングは安心のアイフルで! アイフルでは…

  • 選ぶなら、新生銀行のレイク!でしょ♪

    お借入れからご返済まで新生銀行カードローン レイクならではのメリットがたくさん!2つの無利息ローンから…

  • 最大800万円までお借入れ可能!

    イオン銀行カードローンは、最大800万円までお借入れ可能!口座をお持ちのお客様なら最短当日のお借入れも…

  • 他の人がチェックしたカードローン

    top


    © Card Trend